商品検索
image
現在地 HOME 全件表示 雑誌『たのしい授業』 2009年度 > た)たのしい授業No.361 10年2月号(10361)
た)たのしい授業No.361 10年2月号(10361)
価格:761円
注文数:

たのしい授業10年2月号 No.361
特集タイトル:学期末のおたのしみ

★忘れえぬ一日
……〈教師業〉の幸せをかみしめた日
郡 進
4年ぶりに会った子どもたちは,変わらぬ笑顔で迎えてくれた。月を見上げて歩きながら,かみしめるシアワセ。

★涙涙の修了式
海老澤良弘

★たのしくかけちゃう通知表
……〈振り返りアンケート作戦〉で所見だってたのしく!
峯岸昌弘
「記すべきこと」はたくさん。でも,書くべき言葉はまるで思いつかない。あ~,どうしよう。…そうだ,子どもの頑張りぶりを伝えるなら,子どもに聞くのが一番!

★「通知表」で,どよ~んと暗い気分になったら
……評価と評定について,読んだこと考えたこと
宮地仁美
子どもたちは意欲満々,テストのできも上々。教師だったらそうありたいもの…ですよね。でも,もしそうなったら〈通知表でどよ~ん〉となるんです。どうして~?

★アートスクールで初めての修学旅行
松本キミ子
スケッチコンテストに参加したら,スクール生が入賞!

★ハートの折り染めで巨大ハート折り染めを作ろう
早川秀樹
6年生を送る会で好評の掲示物。雰囲気を盛り上げます。

★フラフープで〈月の満ち欠け〉をイメージ
伊藤正道

★〈連想の論理〉と連想断ち切り
……仮説実験授業の覚え書き──迷信の論理を超えるために
板倉聖宣
人間が間違えるのは,筋道にそって論理的に考えないからだ。──そういう主張(考え方=論理)を〈連想の論理〉とよぶ。つまり,「~ということも考えられる」「誰もそれ以外の可能性を考えつかない」というだけのこと。「正しさの根拠」も〈論理/連想〉だけ。多くの「学問」は,いまだにこの連想の論理で成り立っているのだ。

★忘れられない感動
……仮説実験授業との出会いに感謝しながら
山崎英子
《浮力》の授業で受けた衝撃。あの楽しさを伝えたい!

★『入門・日本国憲法と三権分立』の表紙を手がけて
竹田かずき
政治の主役は「私たち自身」。本の「顔」にこめた思い。

◆◆ てがきのページ ◆◆
★フマジメ教育対話
……第5回 自由
伊藤善朗
▽教師に自由がなかったら,子どもの自由も認められない。

◆◆ グラフで見る世界 ◆◆
★対数グラフを描いてみよう!
竹田かずき
対数グラフを知るには描いてみるのが一番。まず,「自動車の国内輸送量」を例に,普通の棒グラフを描いてみます。すると,〈数量〉は現在でも増え続けていることが分かりますが,前年と比べて,〈倍増えた〉〈少し増えた〉という違い=〈変化率〉までは分かりません。その〈変化率〉が一目で分かるのが「対数グラフ」なのです。

◆◆ ものづくり ◆◆
★泳げ! すいすい君
……お風呂で遊ぼう!
萠出 浩

★らくらくココアボール
佐藤真理・北村真由美
この商品を買った人はこんな商品も買っています
た)たのしい授業No.360 10年1月号(10360)
た)たのしい授業No.360 10年1月号(10360)
価格:761円 詳細を表示
た)たのしい授業No.362 10年3月号(10362)
た)たのしい授業No.362 10年3月号(10362)
価格:761円 詳細を表示
た)たのしい授業No.354 09年8月号(10354)
た)たのしい授業No.354 09年8月号(10354)
価格:761円 詳細を表示
image
Copyright © 仮説社. all rights reserved. Powered by FC2レンタルカート