商品検索
image
現在地 HOME 全件表示 雑誌『たのしい授業』 > た)たのしい授業No.408 13年6月号(10408)
た)たのしい授業No.408 13年6月号(10408)
価格:761円
注文数:

たのしい授業13年6月号 No.408
特集タイトル:数を目で見る

★これ以上望むものなんてない
岡田恵一
時折パニックになる子。でも,そのままの君で十分だよ。

★田植えで大実験
湯沢光男

★タイルは心強い味方
●掲示用算数タイルの工夫
村上希代子
低学年算数の定番「タイル」は子どもたちに数と量のイメージを持たせるすぐれた教具です。そのタイルを教師の掲示用に使いやすく,そして分かりやすくしました。

★歩くだけで距離が分かるなんて!
●中学1年生と《本当の数とウソの数》の授業
山田岳史
たとえば校舎一周の距離は,どうやって測ればいいでしょう? 目測は意外にあてにならないもの。巻き尺でも測れそうですが,大変です。そこで自分の歩幅をもとに歩いた数=歩数で測ってみたらどうでしょう。実際に歩いて測ってみたら,校舎一周のだいたいの距離がわかりました。ではその数字はどこまで信用できる数なのでしょう? 実験しながらたしかめる楽しい数学の授業。

★X 線スコープ(スケルトン)の謎
●ものづくりで授業
小川 洋
指をX線スコープで覗くと,骨が見える! 鉛筆の骨も!

★2年2組の原子論者たち
●分子模型少年が教師になったら
古川真司
分子模型が大好きだった少年は紆余曲折を経て,教師になった。そしてついにやってきた《もしも原子が見えたなら》の授業。小学校の時から温めていた分子模型グッズが子どもたちの前に登場。この瞬間を待っていた!!

★宿題
●おじさんの知恵袋
東垣 淳
出さない訳にはいかない宿題。ではどんなのがいいの?

★〈たのしい学会〉=科学史研究の大衆化のために
●科学史学会会長就任の弁
板倉聖宣
大学で学位をとるための研究ばかりになってしまい,本来たのしいはずの科学史の研究がつまらなくなってしまった。科学史を科学史愛好家の手に取り戻すためには?

★「何かのため」でなく学ぶ世界
●大学生100人と仮説実験授業
竹田美紀子
意見が出なくても,雰囲気から問題に興味を持っているのは伝わってくる。そんな大学生の描いたアリは......?

★凍らないうんこの謎
萠出 浩

◆◆ てがきのページ ◆◆
★授業とクラスと,家族とわたし
●第3回 わたしとサークルとゆかいな仲間たち
高橋朝美
サークル仲間と過ごしていたら,しつこい胃痛が消えた!

◆◆ グラフで見る世界 ◆◆
★大学生のIT環境
高橋信夫
いまやパソコン所持は当たり前。新たな連絡ツールも。

◆◆ ものづくり ◆◆
★ダンシングアニマル
●くるくるかわいい
武田真理子
この商品を買った人はこんな商品も買っています
た)たのしい授業No.409 13年7月号(10409)
た)たのしい授業No.409 13年7月号(10409)
価格:761円 詳細を表示
た)たのしい授業No.410 13年8月号(10410)
た)たのしい授業No.410 13年8月号(10410)
価格:761円 詳細を表示
た)たのしい授業No.405 13年4月号(10405)
た)たのしい授業No.405 13年4月号(10405)
価格:761円 詳細を表示
image
Copyright © 仮説社. all rights reserved. Powered by FC2レンタルカート